無料ブログはココログ

2017年5月12日 (金)

シーズン到来

意外とこの時期なのに真面目に仕事してます。
家庭の事情とかね・・・
仕事の環境とかね・・・
いろいろあるんですよ。年取ると・・・

なんてことはさておいて、ようやくシーズン到来。

P5120147
う~ん。不作です。
出ることは出てるんだけど、太くならずにひょろ~っとサ。
だけども自然の恵み、まずは感謝だね。

も一つは「バラさん」

P5120139
スパニッシュが一気に開花ですが・・・
連日暖かいんでもう散り始め。忙しいな。

P5120126
昨年、勢いで買ったパガニーニが咲いた!
やはりイイな。う~ん、イイ!とにかくイイんだな。
あと2、3株ほしいな・・・
これから本格的に世話やりもシーズン到来。あぁ、忙しい。

仕事場に突然咲いた花?

P5120151

植えた記憶がない。
何だろう?花の名前(人の名前もだけど)覚えられないんだな。

シラーかな?
まあいい。移植できる時期にもっとまともなところに引っ越してもらおう。

本日から背負ってきた荷物を一つ下ろせたので若干気楽になった。
さて、仕事もそこそこに遊ばないとね・・・

2017年5月 7日 (日)

Works (6)

しばらく停滞(まただけど)していたがやらないと先が見えないので始める。
作業場の角に立てる基礎用の穴を掘り始めたら・・・

Img_5259
配管   壊した・・・

こんなところに排水管を敷設したのは親父。
きっとどこからか見ては嘲笑ってるだろうな。

さて、作業遅延だね。
まずは復旧から

Img_5265
セーバーソーで切断。単純に復旧したいけど、切断箇所の少し上に刺したパイプが柱の位置なんで迂回させないと基礎の穴掘りができない。
しかも排水管に並行して電気配線まで埋設されてた・・・

Img_5267
仕方ないんで仮設で迂回。前後を大幅に掘削して緩やかに配管曲げて45°エルボなんかでどうにかしてみた。
電気は無理やり引っ張ってみた。やり直す予定だからまあイイやな。

無駄に時間を使いながら本題に突入。
しかしいつものごとく一人作業なんで作業が鈍い。

一人で鉄骨を立てるため柱と梁を地上で接続したものをヒアブくんで起こす。

Img_5271
梁の片側は立ち上がった状態なのでそれに目がけてヒアブくんを操作してから建屋に上り梁とボルト結合。
それから地上に降りてコマツさんにで仮設のH鋼に基礎部分のプレートにアンカーごとボルト固定。

Img_5274
吊っていたスリングは立ち上がった梁を渡り外さないとならなかったりして・・・
ようやく片面が自立。(だけど仮だからちょっとふらつくな。)

Img_5275
もう片側も同じように施工して立ち上げたらこの間を梁でつなぐ。
今回もヒアブくんは大活躍だ。

Img_5279
ちょうど荷台にハシゴをかけると丁度よい高さになり、梁に乗らずにボルトが刺せる。
さらに中間に梁を二本入れて大まかな構造材を立ち上げて形になった。
次の作業のためターンバックルを吊り上げて作業終了。

Img_5281
ヤレヤレ、形が見えてきたら「達成感」があるもんだ。
しかし天井クレーンのレールはどうやって吊り上げよう?
ヒアブくんじゃ手が届かないしな・・・
「ユニックもあったほうが便利だな。」とか思ったりして・・・

実は・・・
肝心の基礎は後回しなんデス!
だって、基礎って寸法出すの難しいんだよな。片側は高さ違うし、アルミバンの倉庫跨いでるし、オートレベルで水平見るのでさえ一人じゃ行ったり来たりして大変なんだ。
だいたい「素人」なんだからな。

「組み立てたものを動かす。」

素人はロクなこと考えません。

2017年4月13日 (木)

アラヤくん譲渡

約25年もののアラヤくん。
なぜか手放せなくて乗り続けているんだけど、お別れの時が・・・

そんなに重大なことじゃないんだけど、姫に譲渡することとなった。
姫の自転車は11年の暮れに購入したスぺシャライズドのHOTROCK 24だが、ついに小さくなった。
というよりも姫がデカいのか・・・
身長148cmらしい。(横方向は普通だよ~。)

Img_5060

これ以上はシートポストが伸びないし、ハンドルとシート間が短い。
よく乗ったな。家族で奥志賀高原も走ったし。
これもいい思い出なんでしばらくは保存することとなった。

新しい自転車だったら姫曰く 「ひつじの角みたいなヤツ」がイイらしい。

???

ドロップハンドルだそうな・・・
ちと小学六年生には問題ありなんで中学になってそれでもイイなら購入しよう。
それまでの代役をアラヤくんに託した。

Img_5061
ハンドルステムを短いものに交換してシートを下げる。
しかし、シート下げると恐ろしくカッコ悪いな!
と思ってるうちに上げなきゃならんかな。

あとはスタンドつけて行きつけの自転車屋で保険をかける。

おっと、重要な作業が・・・
お気に入りのグリップに変更。

Img_5062
パープルのニコちゃんマーク!
アラヤくん、ちょっと恥ずかし気だけど姫の大切なアイテムなんで許してね。

さて、相棒が姫の相手をするということは・・・
自分の相手が必要じゃん。
最近、行きつけの自転車屋はスペシャライズドからメリダ押しなんだけどな・・・
買うんだったら、まずは働くか?

2017年4月 8日 (土)

Works (5)

ものすごく久しぶりの作業だ。
本業の最盛期はまるで手付かずで放置してそのうち重い腰がさらに重くなる。
一向に作業着手ならずなのだが、さすがに始めないとな・・・

しかし初めてしまえば「かっぱえびせん状態」

仕事がおろそかになるほどな勢い。
なんだけど所詮一人作業なので大したことないか・・・
「遅々として・・・」ってところがドンピシャよ。

Img_5063
仮置きの柱の間で掘削。

Img_5065
夕方に何とか終了。
だけどまたしてもランマー壊れる。もういい加減修理してられんな・・・

Img_5066
翌日に固定のための段取り開始。
仮置きのブロックの間に鋼材を差し込むのだが、一人だと、ヒアブくん操作→階段上って位置確認→階段下ってヒアブくんで少し移動→階段上がって確認の繰り返し。

Img_5067
地上の基礎部分は基準となるH鋼に久しぶりのアトラが登場して穴あけ。
これで柱のピッチを固定することにしてこの日は終了。
こんなことも夜寝るときとかその場での思い付き・・・

Img_5072

昨日はそれを接続するのだが思い描くのと実際の作業では大変さ露呈。
「とにかく一人ではやるものではない!」ということを実感。

Img_5073
ヒアブくんでブロックを吊った状態でコマツさんでH鋼を移動してアンカーと固定。
上部はシャコ万でH鋼に仮固定。
なんとかブロック2個をボルト固定する。

Img_5075
だいぶ出来た感じになって作業終了。
だけど重量はどんどん増えていくと位置決めするのが大変だな・・・

「やめられない、止まらない。」の状態でやってしまったが疲労が取れにくい中年。
さすがに疲れた・・・

図面描くのってラクだな・・・
な~んて思ったりする本日は、仕事で図面描きだ。

2017年4月 3日 (月)

エアシリンダーサイズアップ

ヒアブくんのコントロールバルブを遠隔操作するためにエアシリンダーを取り付けたのだが、この冬に始動直後の油温が低い時にバルブが全開にならなくなった。

オイルが硬くてスプールを動かす力が足りないようだ。
エアシリンダーのボアは20mmを使用すると6連コントロールバルブのピッチからして楽勝で連接できると思ったんだけど・・・

バネばかりで操作力もそれなりに測ったつもり・・・

まっ、要はテキトウだったということか。

Img_5041
収まりはキレイなんだよな。
でも力が足らんのだ。
しかたないのでボアアップすることにした。
取付金具も新調したいところだが、ムダ金は使わないことにしたので工夫してみた。

Img_5042
ボア25mmのシリンダーを30度くらい傾けてみたら何とか収まるし取付金具も穴加工のみで済んだ。

直径で5mmの出力差はデカイ。  ハズだよな、きっと・・・
確証もなく買ってしまったんだから仕方ない。

これから暖かくなるので効果のほどは確認できないけどなんとなく力強くスプールが全開するような気がする。

さて、20mmのシリンダーがまた余った。
よく考えたらこれ付けたとき今一つ力不足でインチキなスプリングで補助したっけ。

Img_5044

どおりでダメはわけだな。
これですっきりしたからヨシとしよう。

あっ、もう1連エアコントロールにしてなにか動かそうかな?
手段が先で目的は後なんだな。
相変わらず考えが散漫・・・

«今度はユンボの修理じゃ!(4)